電子書籍を使った仕事術

電子書籍を使ったビジネスマンのための効率的な勉強法・情報整理法

私は人気マンガに学ぶ人生哲学というようなホームページまでわざわざ作ってしまうぐらい、本当にマンガからはいろいろなものを勉強しようという気持ちを持って見ています。

 

もちろん、基本的には娯楽としての意味や、仕事に疲れたとの精神的なリラックスの意味も大きいのですけど、30歳を超えてからは、名作のマンガなどからもいろいろ学ぼうという気持ちが実際にかなり強くなっています。

 

頭が疲れない状態で、楽しくて、しかも人生において学びがあるなんて、最高じゃないですかね!

 

そんな、マンガを読むという事についても、ビジネスマンの方がビジネス書籍を読んで、自分のシステム手帳などにいろいろとメモ書きをする事のように、私としても、マンガから学んだ事をいろいろまとめたりしています。

 

私はこのホームページでも紹介していますけども、基本的に、今ではマンガを購入する際には電子書籍を利用するようになっていて、主にiPhone6plusやiPad2などで読書しています。

 

こういった電子書籍リーダーを利用してマンガを読むことには、記録をするという事にすごく便利な方法があり、自分としては、マンガを読みながら為になったと思うページを保存しておいて、あとで、まとめをするという作業をしています。

 

アマゾンキンドルなどのヘビーユーザーで、かなり使いこなしている人の電子書籍の読書法などを見ると、いろいろと細かいテクニックなどが書かれていますけど、私のやり方は、超シンプルです。

 

それはどういう方法かというと、

 

自分が為になったと思ったページの内容をスクリーンショットで保存する

 

というやり方ですね。

 

下記のような感じです。

 

 

 

 

iPhoneであれば、横のボタンとホームの○ボタンの同時押しで、カシャっというアレですね。

 

たったこれだけで、後からそのページの内容を読み返したいと思う時には、写真ライブラリ一覧を見れば良いので、いちいちページに使いにくいしおり機能などを使って文章でメモを残していく作業も必要ありません。

 

この技を発見してからは、マンガやビジネス書籍などで何か学びたいと思っている時の、読書のスピードがものすごく早くなりました。

 

とにかくささっと読んでいて、ここは良いなあ!と思うところは、どんどんスクリーンショットと押さえて写真にして行くというやり方をすると、本当に早いです。

 

これは、従来型の紙の書籍では絶対にやる事ができない、電子書籍ならではのメリットではないかと思います。

 

私は今では、若い頃に比べて、かなり読書量が減っていますので、この技から得られている実質的なメリットは、ちょっとした小技くらいのものですけども、1週間に3冊とか5冊とかの書籍を読む人になってくると、この効率化テクニックはかなりのものではないかと思います。

 

実際、この方法で写真にまとめていくという事をやるのは、後で読み返す時にも本当に便利で、それがマンガの場合には、絵の臨場感も加わっている事から、文章のものを読み返すことよりも、はるかに早く、要点を思い出すことができます。

 

私はこの利用方法だけでも、何かビジネスの為に新たな事を学ばなければいけない時には、紙の書籍よりも、電子書籍の方がもう絶対に優れている!と思うようになりました。

 

結局のところ、読者にしても、勉強にしても、一度学んだ事を後で復習して、自分の身に付くように定着させる!という事が重要ですから、このように、あとで重要なポイントを短時間で復習する事ができるのは、勉強の効率化と時間短縮に大きく貢献します。

 

さすがに、写真をライブラリに保存して行くだけでは、まとめたい要点を一目でパパットと理解するということはできませんので、そこは自分なりのまとめメモのページを1枚作成します。

 

まとめをするのはパソコンとスマホで連動させられるEvernoteですね。

 

 

このEvernoteに、何のマンガを読んで、どんな学びがあったか…というようなメモをしています。もちろん、マンガだけではなくて、一般のビジネス書籍などを読んだときのメモも、こちらに書いてあります。

 

文字だけの書籍の場合でも、やる事は同じですね。そのページが重要だと思ったらスクリーンショットでどんどん取っていき、最後にその重要だと思ったページ数ページから数十ページを読み直して、Evernote(エヴァーノート)に要点をまとめるというやり方ですね。

 

この方法で読書からの学びをまとめるようになってからは、以前の紙書籍を利用していた頃の復習に比べて、10倍ぐらい勉強の効率が上がっているんじゃないか?と思う事です。

 

私ぐらいの年齢になってくると、いまだに、書籍というとやはり紙のもので、電子書籍というのはいつまで経っても受付られない…というタイプの人もいますけど、この勉強の効率化のメリットを捨てるというのは、すごくもったいないことだと思いますね。

 

私もどちらかというと、最初は電子書籍は否定派だったのですけども、勉強をする為に使うツールと考える場合には、紙の書籍よりも絶対に便利です。

 

学生さんはもちろん、これから何か資格取得であったり、会社で必要な能力を磨く為の勉強しなければならない人は、読書をするのは、紙の書籍よりも、いつでもどこでも持ち歩く事ができて、情報まとめや復習もすごく簡単になる、電子書籍の活用をおすすめします。

 

皆さんの日々の勉強や仕事の効率化に、このネタがちょっとでもお役に立てば嬉しいです。

 

また私の個人的な、電子書籍を使った、勉強方法や仕事の効率化テクニックなども、ちょっとずつ書いていきたいと思いますので、興味のある方はまだ定期的に覗いてみてください(^^)

関連ページ

漫画ってリラックスには最適
漫画ってリラックスには最適だと思う。私のメンタル管理について
脳や目の疲労回復の方法をいろいろ調べてみた
脳や目の疲労回復の方法をいろいろ調べてみた
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか(中島聡)を読んだ感想・書評
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか(中島聡)を読んだ感想・書評について思うところを書いてみました。
楽天の期間限定ポイント消化には電子書籍のkoboがおすすめ
楽天の期間限定ポイント消化には電子書籍のkoboがおすすめですよ!
漫画から学べる事って多い
漫画から学べる事って多いと感じた事について。漫画というだけで否定していると、すごくもったいない!
おすすめの戦国時代漫画「徳川家康」
おすすめの戦国時代漫画「徳川家康」について。管理人の人生のバイブルくらいの漫画です。
「病は気から」はやっぱり本当
「病は気から」はやっぱり本当だと感じた管理人の過去の体験。

ホーム RSS購読 サイトマップ