徳川家康の漫画は男なら読むべし!

おすすめの戦国時代漫画「徳川家康」

徳川家康の漫画から学んだ事

私が大分県の大学にいた頃に、良くリラックスの為にマンガを読んでいた…という話は別のページでしていましたが、

 

私の中で、もはや人生のバイブルというぐらい、この大分県で暮らしていた頃の思い出として大きく心の中にあるのが、この横山光輝の「徳川家康」というマンガです。

 

 

実はこのマンガ、中学生ぐらいの頃に、三国志がものすごく学校で流行っていて、その時に戦国時代のゲームやマンガブームになって、その流れで、一度読んだ事がありました。

 

ですがその当時は、戦国武将の名前等も全然詳しくなくて、また歴史背景の事についても全然興味がなかったので、文字が多い事もあって、ほとんど読めませんでした(笑)

 

ですが、大分の大学に入ってから、横山光輝の戦国時代のマンガの面白さを改めて感じて、そこからいろいろなマンガを手に取る中で、この徳川家康についても、再度手に取りました。

 

改めて読んでみて、20歳を少し越えた男として、このマンガには本当にすごく考えさせられる所が多かったです。

 

当時の私は、将来何者かになりたい…という気持ちがありながらも、今現在、大分の大学にいる中でも、将来が特に何かになりたいという希望もなく、ただただありがちな人生になり、就職の為に地元に戻る…という事をイメージしていました。

 

ですけど、自分の人生がこのままで良いのか!というような問いかけは、常に心の中にあり、迷いや葛藤がかなり多い毎日でした。

 

そんな中で、いろんなストレスや不満等がたまって、なんで自分はこんなに恵まれない環境の中で、我慢ばかりしなければいけないのだろうか…という、不遜な気持ちを抱いていた頃がありました。

 

そんな中、この横山光輝の徳川家康を読むと、本当にもなんというか、自分が情けなくて、みっともなくて、死ぬ程カッコ悪い人間で、あるという事を認識させられました。

 

徳川家康のマンガから「耐え忍ぶ」という事を知る

 

この徳川家康のマンガからは、いろいろと学ぶところが多かったですが、私がとにかくこの中から強く感じさせられた事は、

 

「耐え忍ぶ心を持つ事」
「我欲にとらわれない心で相手を思いやる事」

 

です。

 

このマンガの中で徳川家康は、幼少期から、大人になってからも、本当に我慢の連続で、天下を取る寸前の所まで行っても、自分を殺して、世の中全体が納得いく形に、国をまとめたい…という苦労を最後までしています。

 

恨みの連鎖反応が繰り返される戦国時代という時代に終止符を打つ為に、それまでの常識であれば、即、処刑となって当然のような相手にも情をかけ、敵までも取り込んで、とにかく殺し合いの時代を終わらせよう…という苦労をしています。

 

当然これはマンガの話ですので、実際の歴史の中ではどのような事実だったかはわかりませんけども、マンガの中の話とはいえ、実際にそうであった歴史の中で、こういった事実がなかったとは否定できない内容かと思います。

 

最後は、世の中の為によくない行動をしてしまった自分の息子を追放し、最後の死ぬ時まで、その息子と会わない事で、自分は他人に対しては厳しかったが、自分の身内に対しては所詮甘かった…という事を思われないように、それを通し尽くすわけです。

 

「今の世の中は、まだ愛する人を愛し切れる程、豊かにはなっていないのだ...」

 

 

最終巻で徳川家康が言うこんな言葉があるのですが、私はこの言葉を見たときに、この時代の人や、これまでの時代の人の苦労があったからこそ、今の日本のような豊かな世の中があるのだと思いました。

 

戦国時代のマンガというと、武力に優れた英雄的な武将が、少人数で大群を打ち破るような、どちらかというとアクション映画?のようなテイストのものが人気がありますけど、この徳川家康のように、読む程に考えさせられる内容のある戦国時代マンガの方が、私は好きです。

 

最近人気のあるマンガの、センゴクやキングダムもすごく面白いですけども、そのような戦国時代マンガに興味を持った若い人達にも、ぜひこの徳川家康は読んでもらえればと思います。

 

このマンガの中にも、さいとう・たかをの北条時宗と同じように、本当にカッコイイ男とは何か?というエッセンスが含まれています。

 

最近は文庫本サイズで少ない巻数でまとまったものもあるようなので、ぜひ読んでみてください!

 

関連ページ

漫画ってリラックスには最適
漫画ってリラックスには最適だと思う。私のメンタル管理について
脳や目の疲労回復の方法をいろいろ調べてみた
脳や目の疲労回復の方法をいろいろ調べてみた
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか(中島聡)を読んだ感想・書評
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか(中島聡)を読んだ感想・書評について思うところを書いてみました。
電子書籍を使ったビジネスマンのための効率的な勉強法・情報整理法
電子書籍を使ったビジネスマンのための効率的な勉強法・情報整理法についてのお話。
楽天の期間限定ポイント消化には電子書籍のkoboがおすすめ
楽天の期間限定ポイント消化には電子書籍のkoboがおすすめですよ!
漫画から学べる事って多い
漫画から学べる事って多いと感じた事について。漫画というだけで否定していると、すごくもったいない!
「病は気から」はやっぱり本当
「病は気から」はやっぱり本当だと感じた管理人の過去の体験。

ホーム RSS購読 サイトマップ