損切りの徹底!

損切りがちゃんとできる事

損切りの徹底ができるかどうか?

投資マンガインベスターZより

 

 

私自身は、今現在は投資というものをほとんどやっていませんが、25歳ぐらいだった頃には、自分の投資でひと財産築きたい!なんて思っていた事もあって、それなりにいろいろと、投資の哲学などを勉強していた時期もありました。大分の大学に行っていた頃の、経済学部での講義がそのキッカケですね。

 

でも結局のところは、なかなかそれが板につかず、サラリーマンをしながら、携帯電話で毎日、為替相場や株式の相場の上下するのを見て、右往左往しながら、売買をして、振り返ってみれば、トータル7〜8年ぐらいで、250万円ぐらいお失っていると思います(笑)

 

このインベスターZというマンガを読んで、本当に自分の投資の間違いに多く気付かされるのですが、その中でも、

 

損切りがちゃんとできる事

 

という事は、自分自身の経験からも、本当にそうだと感じます。

 

このマンガの中で、ある投資に関わる心理学の話もされているのですけども、人間というのは、最初に五十万円損してしまった事が確定したら、そこからまたさらに500000円失うという事は、最初の500000円を失うことよりも、かなり心に負担が軽くなっているので、それを受け入れてしまいやすい…というのがあります。

 

これはまさに、本当にそうですよね。

 

人間というのは、自分の感情の赴くままに動くのであれば、そのまま大衆心理と同じ行動になってしまいます。

 

そして大衆心理と同じ行動になってしまえば、私が過去に大きなお金を失ったように、ただ右往左往して、勝てるタイミングでは勝てず、負けるタイミングではきちんと負けて(笑)のような話になっていてしまいます。

 

この損切りをできるという思考は、株式投資だけではなく、人生の中においても、すごく重要なものだと、現在では感じています。


ホーム RSS購読 サイトマップ