分散投資がダメな理由

分散投資はNG 無知からくるものである

分散投資がダメな理由について。

投資漫画インベスターZより

 

分散投資はNG 無知からくるものである

 

 

これは、ウォーレン・バフェットの言葉だそうですが、世界一の投資家の言葉として、まさに本当に重みのある言葉ですね。

 

ウォーレン・バフェットは、これから購入しようと考えている株式について、その会社のレポートで一冊の論文をかけるぐらい理解していない限り、購入してはいけないと言っているそうです。

 

私自身の過去の投資を考えてみても、このレベルで考えて、株式や外貨を購入した事は、一度もありません(笑)というか、世の中のほとんどの人が、このレベルで投資は考えられていないですよね、おそらくは…

 

ですが、批判しようのない結果を出している人の言葉という事になりますから、この言葉の中にも真実があるというのは、間違えのない事だと思います。

 

これを、株式投資や外貨投資の事に置き換えて考えると、そこまでちょっと時間をかけられるものではない…というような考え方も出てきますが、それでも、それをビジネスというところに置き換えて考えた場合には、まさにこのレベルでものを考えない限り、存続していく事はできないと思います。

 

私自身は、自分自身が小さな会社での役員という立場をしていて、そして、コンサルティングに入るお客さんのビジネスのサポートをするという事も結構多いです。

 

そのようなときに、この会社の強みは何なのか?この会社の資源を集中すべきビジネスはどれなのか?という事も決定には、かなり時間をかけて考えます。というか、それをしない限り、恐ろしくて手を出さないところがあります。

 

ウォーレン・バフェットはおそらく、投資というところにおいても、こういったレベルを求めているのだと思います。

 

私がいずれ投資を再開する事になったとしても、そのレベルで、起業の業績を調べたりという事はできないと思いますが、それでも、分散投資をしている事によって、リスク対策になっているというような甘い考えは捨てようと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ